2007年04月26日

ブルックナー8

第49回 大阪国際フェスティバル 2007

大植英次 指揮
ブルックナー 交響曲第8番 ハ短調(ハース版)
大阪フィルハーモニー交響楽団

昨年はマーラー5番
今年はブルックナー、、

うーんたらーっ(汗)ブルックナーかぁあせあせ(飛び散る汗)
ブルならマーラーのほうがいいダッシュ(走り出すさま)と思ったのであった。。

ブルックナーは好きなわけではない。
自主的に聴こうとは思わない。
マエストロが、英次が、振るなら聴きますわよ。
定期演奏会でのブル7も良かったし。

この8番はCDにもなってます。

サイン会で3枚のうちどれを買うか、というとき
選んだので持っている。
(マーラーはテレビ放送され何度も聴いていた、
シュスタコーヴィッチは問題外だったあのときは)
何度か聞き流している、ある時、突然、感動した(笑)

ライブで聴いたら、
あの定演のブル7以上に感動できるよねぇ〜るんるん
心を奮い立たせて臨むわーい(嬉しい顔)

フェスティバルホールは、嫌い。
音響は悪いし、建物自体が老朽化していて埃臭いダッシュ(走り出すさま)
電波のセキュニティもできないどんっ(衝撃)ときているがく〜(落胆した顔)

な・ん・と
マエストロが指揮棒を振り下ろし
第一声が奏でられたと同時に携帯音が鳴るっ時計

誰やねんっパンチ

マエストロ、中断
心を落ち着けて再び演奏開始。。。

最低限のマナーは守りましょうパンチ恥ずかしいわ

こんな波乱な幕開けだったけれど
マエストロはパワー全開新幹線
コンサートマスター長原氏も立ち上がるんじゃないexclamation&questionというくらいの
大熱演でした

私の席からマエストロを見ていると
その視線に長原氏もよく見えて
このブル8はバイオリンの旋律がとても美しいということが
わかって感動しました
そして長原氏以下第一バイオリンがんばってましたわーい(嬉しい顔)
長原氏はマエストロに煽られ
大フィルメンバーはコンマスにさらに煽られ、、
いやぁ〜弦は全体的に良くなっている感じかわいい
惜しむらくは金管かなぁ、、ふらふら
うーんダッシュ(走り出すさま)それもこれも
フェスの音響が悪いせいにしとこうどんっ(衝撃)

だって、、
だって、、

私的にブル8での一番のツボ
"ここが感動するのょぉーん(叫)"のところが

、、コケたうそがく〜(落胆した顔)

英次で初めて、"へぇっexclamation&question"とずっこけましたふらふら

あの最終章のフィナーレ
パァパァパァ〜言葉で書いてもわからんよなぁダッシュ(走り出すさま)

ここは、もう
天上へ駆け上がる
荘厳な終焉の響き

奏でられないといけないっ爆弾のに、今日のは、プツッと切れた?
ペガサスの背から地上へたたき落ちた感じ

響かなかったのだぁ〜がく〜(落胆した顔)

すごいショックがく〜(落胆した顔)だったわ(笑)

うわぁ〜台風ブル8ってこんな長かった???
ひぇ〜また暗譜ですか、英次exclamation&question
幸太くん、弦切れそうやんどんっ(衝撃)

いろんな思いが駆け巡り
埃っぽい空気にも耐え
お尻も限界に近づきつつあっても

あのフィナーレをライブで聴くためにexclamation×2
待ちに待って、、、

えぇー
違うもうやだ〜(悲しい顔)違うもうやだ〜(悲しい顔)違うもうやだ〜(悲しい顔)

なにもかもフェスの音響の悪さのせいだぁーもうやだ〜(悲しい顔)

やっぱり、シンフォニーホールで聴かなあかんわダッシュ(走り出すさま)

しかし
マエストロはご満悦でございました。
"やった"という充実感をかみ締めているご様子に
もうフィナーレのショックは忘れますっ!?(笑)
(音響のせいやもんね←ひつこい)

いつものごとくマエストロに対する鳴り止まぬ拍手手(パー)
大阪のおばちゃんの心をがっつり掴んでいる英次くんは
もう大阪を離れられな〜いわーい(嬉しい顔)

やっぱり、痩せたね、英次くん。

いや "もう ひといき" 痩せましょう!とのことです(爆笑)
posted by nanaco at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | Eiji of age | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック


Excerpt: 大阪フィルハーモニー交響楽団大阪フィルハーモニー交響楽団(おおさか - こうきょうがくだん、Osaka Philharmonic Orchestra)は、大阪市に本拠をおく日本を代表するオーケストラ。..
Weblog: クラッシックの世界
Tracked: 2007-09-29 20:26