2015年11月09日

1999年ベルギー★雅子★プリンセスと見做されず【貴賎結婚認定される事件】画像あり♪ウフ

「S.A.I. LE PRINCE NARUHITO ET SON EPOUSE MASAKO OWADA」貴賎結婚認定記念写真

めまいがするほど

数々の
様々な
問題を起こす東愚夫婦w((´ω`))wワオッ!!

1999年12月フィリップ王太子結婚式参列では、
イギリス王室にケンカを売る行為


太陽の下で狂気が宿る女
6459e4759bf08f03269013efc58a5799.gif

禿かくしならもっと上手くやれ盆暗
ef55c93c85fee73b0dd77f94fff1f7f8.gif

ほんとに教えて頂きたいのですが、、、
親御さんの顔が見たいです、、、
3736d63679858ba6e71f492913e9f772.jpg
親、その壱、還暦なま足の母親

14e266b1c9496d929aff5a34f0de37a6.png
世継ぎの孫から奪う配偶者に尻にしかれている父親

どういう躾と教育をしたら
こんな化け物みたいな娘になるのか教えて・・・

1a85bdb905da9f784f358699f34efc32.jpg

ce9878488e34bf808f33f196c4158c49.jpg

e374b451ac40420b06ca171947120ccf.jpg

以下
Dosuko Wiki
http://ja.dosuko.wikia.com/wiki/%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%BC%E8%A8%AA%E5%95%8F
ベルギー訪問より抜粋転載
1999年12月3-7日、ベルギー:
フィリップ王太子殿下の結婚式参列のため東宮夫妻がベルギー訪問。
その直前の時期1999年11月下旬、
雅子夫人に妊娠の兆候があることが既に判明していた。

ベルギーのレストランにて食べかけ大皿交換し、記念写真で
Prince Naruhito et son epouse Masako Owada
徳仁皇子と彼の妻小和田雅子)」と記録、
雅子はプリンセスと見做されず貴賎結婚認定される事件


兵藤氏の記事では、徳仁雅子夫妻は食事会で「幾種類かのベルギー料理を仲良く分け合って楽しまれた」と無難な表現をされているが、その実は……

Part446-39 可愛い奥様 2006/04/10(月) 00:07:44 ID:y9a95YxA
最初に流産した子ってさ。
やっとの思いで妊娠したのに
ベルギーのグルメ旅行を強行し
(両陛下に隠し)飛行機で長時間揺られ
現地で移動車で揺られ、更にワインを飲んで
食って「naruhito & masako owada」と書いた記念写真まで残した
アレですか?「皇太子不妊説が正しければ」やっとの思いで
出来た子供だったのにね。不注意どころか、子に対する愛情と
言うものが全くないですね。で、流れて誰が同情するの?
子に同情ならわかるけど。

ここにそのときの写真がある
http://blogs.yahoo.co.jp/roman_holiday417/25764719.html

なんで皇太子&皇太子妃じゃないんだろね


65可愛い奥様 sage 2006/04/10(月)00:22:29ID:aXTvbYyh
>>39
Prince Naruhito et son epouse Masako Owadaですか・・・・
アメリカなどと違って、さすがに古い王室のある国は厳しい。
明らかに雅子を一段見下げた、痛烈な書き方ですね。

この書き方では「貴賎結婚」扱いです。
貴賎結婚というのは、たとえば王族と平民女性が縁組した場合です。
正式に結婚はできますが、配偶者でありながら平民出の妻には称号は付与されず、
ただの「夫人」つまりSon Epouseというわけ。まさに「皇太子夫人」ですよ。
それだけでなく、その結婚でできた子供には王位・爵位の継承権がありません。
つまり、嫡出子でありながら準庶子扱いです。

貴賎結婚の代表例は、ウィンザー公とシンプソン夫人が有名ですね。
王冠とひきかえに「公夫人」の称号はかろうじて得ましたが、たとえ
お子さんが生まれてもイギリス王位継承権はなく、長く国外追放も同然の暮らし
でした。
比較するといろいろ考えさせられますね。


73可愛い奥様 sage 2006/04/10(月)00:30:22ID:aXTvbYyh
>>65自己レス失礼。
推測ですが、名店といわれるところでこんな書き方をされたからには
きっとよほど眉をひそめられるような振舞いがあったんでしょうね。
「この女性はPrincessの称号にふさわしくない」という、お店なりの
意思表示では?

例えばの話、ウェイターに高飛車だったり、逆になれなれしかったり
酒に飲まれて人前で乱れたりすると、ヨーロッパではうんと軽蔑されますよね。


77可愛い奥様 sage 2006/04/10(月)00:33:01ID:Kgw3JRtn
>>73
つうか、日本の皇室には姓がないんだから、こういう書き方をするしかなかったんじゃないの?
プリンス&プリンセスだったら一族みたいだし


79可愛い奥様 sage 2006/04/10(月)00:35:07ID:QHh+bLVn
>>77
普通は、prince naruhito & princess masako だよ。
外国では夫人もprincessと普通に使うので、一族みたいだとは思われない。

ダイアナだってprincessじゃん。単に、雅子さんが皇太子の正夫人には
見えないほど野卑てたってだけだと思う。


86可愛い奥様 sage 2006/04/10(月)00:39:15ID:aXTvbYyh
>>77
HRH of Japan,Prince Naruhito & Princess Masakoが正式な書き方だと思いますが。
旧姓という意味なら、Princess Masako,nee Owada(雅子妃殿下、旧姓小和田)
というふうに書きます。

場末のビストロならとにかく、それなりの店ならそれぐらいは当然知ってますよ。


89可愛い奥様 sage 2006/04/10(月)00:41:16ID:Kgw3JRtn
>>79
お妃の旧姓を使ったからといって馬鹿にしているわけじゃないと思う
イタリアのメディチ家からフランスお受けに嫁いだお妃だって
マリー・ド・メディシスと呼ばれていたし


99可愛い奥様 sage 2006/04/10(月)00:48:00ID:aXTvbYyh
>>89 あのー、それは歴史的書き方とか、各国の内輪でやりとりする
極秘外交文書とかで・・・・・・誰の目に触れるかわからない公の場に飾る
写真では、まず考えられません。
とくにヨーロッパではPrincessの称号はそれぐらい重いです。

ありうるとしたら、店主が小和田家と身内同然のつきあいで
雅子さんのことも小さい頃からよく知っているとかでしたら、まあね。
まず、ありえませんけど。


101可愛い奥様 sage 2006/04/10(月)00:48:30ID:QHh+bLVn
>>94
うーん。カトリーヌ・メディチは雅子とは違うと思う。
メディチの力が当時とても強すぎたんでそう呼ばれただけだと思うよ。
ポイントは苗字を使われるよりむしろ、et son epouseここでしょ。
正妃として認めてない。



Part446-220可愛い奥様 sage 2006/04/10(月)08:01:06ID:72povbM9
みなさま、元筋金入りの雅子ファンがきましたよ。
どうしてベルギーのレストランで
クラウンがつかないプリンセスの称号すらいただけなかったのか?
それは、沢山色々なものを食べましょうね、皇太子と二人で話し合い、
フルコース二人とも別々のメニューを注文したことから始まります。
お互い「おいしいですよ。」と言い合ったまではよかったが
あろうことか、三ツ星レストランで食べかけの皿を
交換し、お互いの食べかけを胃に収めたのでした。
レストラン側は超のつくマナー違反にびっくりぎょうてん、
あわてて新しくつくり直してお出しするも
そういうつもりじゃなかったと作り直しに手をつけなかった。
とんでも行動があったのです。

おかげで人の食べかけ食べちゃった皇太子も
「ハーロイヤルハイネス」の称号を剥奪されましたとさ。ちゃん、ちゃん。
ハーフポーションで全部って頼み方すらできないバカップル。


227可愛い奥様 sage 2006/04/10(月)08:16:00ID:72povbM9
メインだけでなく「全皿こうやって、テーブルごしに…」と
ご相伴した元ベルギー大使が言ってような気がする。
彼は「ワインを普通に召し上がっていたので
妊娠なさってるなんて思いもしませんでした。」とまで
言ったつわものです。

ナル雅バカップル実はあまりの傍若無人振りに嫌われてた?


241可愛い奥様 sage 2006/04/10(月)08:25:42ID:72povbM9
ソースと言われても、皇室ファンなら
結構知っている話しではあると思うよ。
当時、お二人のなかむつまじさを表すエピソードとして
その元ベルギー大使もテレビで語ってたし、
文春や女性週刊誌にも載ったはず。
作り直してお出しした…というのは
当のレストランオーナーがやはりテレビで
インタビューに答えていた。
作り直しはレストラン側ができる最大限の抗議だったんでしょうね。


294可愛い奥様 sage 2006/04/10(月)09:25:08ID:Nwv8iOz8
>>220
「食べかけの皿を交換」のエピソードは、テレビで放送してましたね。
仲むつまじく、ほほえましいエピソードとして紹介されてましたが。


312可愛い奥様 sage 2006/04/10(月)09:50:28ID:Nwv8iOz8
>>308
だんだん思い出してきた。
ご夫妻が交換してるのを見て、店側が慌てて作り直した、
ってのも放送してた気がする。
ナレーションは竹下景子あたりだったっけ。

皿交換が酷いマナーだっていうのは、あの放送内容からは
読み取れませんでした。むしろ、推奨するかのような。
確かに、あれを海外で真似しちゃった人もいたかもしれませんね。


408可愛い奥様 sage 2006/04/10(月)11:33:46ID:72povbM9
ソースは?と言われてしまった、
三ツ星レストランでのお皿交換。
覚えてる方々がいらっしゃってうれしいわ。
三ツ星ではぜっっっったいに
してはいけないマナーなんだよね

皇太子はフランス料理の皿なんて触ったこともなかっただろうから
要領をえないし、内心ちっと舌打ちしながら、雅子さんが
自分の皿を片手でひょいと持ち上げ皇太子に差しだし
空いた方の手で皇太子の皿を持ち、
両方の手が重い皿でふさがったかっこわるい一瞬があったはずだ。

Part3006-709 自治スレでLR等議論中@可愛い奥様@転載は禁止 sage 2015/08/25(火) 17:11:04.05 ID:8E/2Mto/0
ベルギーか。どの面下げてって感じだなぁ。
いまちょっとググったら例のベルギーのレストランの写真、額縁が変わったね。
ttp://pds.exblog.jp/pds/1/201409/03/36/a0132136_129381.jpg

こっちが古いほうかな。
ttp://livedoor.blogimg.jp/configfreek/imgs/1/7/17ca1632.jpg


711 自治スレでLR等議論中@可愛い奥様@転載は禁止 sage 2015/08/25(火) 17:16:17.74 ID:2nPS1d320
>>709
壁紙に合わせて額縁を換える配慮はあるけど、「SON EPOUSE MASAKO OWADA」は変える気ないのねww

712 自治スレでLR等議論中@可愛い奥様@転載は禁止 sage 2015/08/25(火) 17:23:10.53 ID:RTIhSy8U0
「プリンス徳仁、そして彼の妻小和田雅子」
プリンセスじゃないのね()

714 自治スレでLR等議論中@可愛い奥様@転載は禁止 sage 2015/08/25(火) 17:30:34.94 ID:01UAtouKO
さすがベルギーのレストラン、容赦ないね(笑)


「S.A.I. LE PRINCE NARUHITO ET SON EPOUSE MASAKO OWADA」貴賎結婚認定記念写真

1999年12月フィリップ王太子結婚式参列では、
イギリス王室にケンカを売る行為


馬鹿にもほどある・・・
1a85bdb905da9f784f358699f34efc32.jpg
まあ、これじゃねぇ・・・
よく皇室に入内できたわね・・・

ほんと不思議!

怪事件よっ(((; ゚д゚)))ブルブル

388 名無しさん@自治スレにてローカルルール議論中 sage 2008/12/18(木) 18:19:53 ID:nRubsLcq0
逮捕だってw

そんなのあるわけないでしょ?
何の為に皇室に入ったと思ってんのよ
ばっかじゃないのwww


f3ff80fa983226d8c8470fcfaeadf49b.png

有名な書込みは、
雅子本人によるものとさえ言われている


東愚妃ならびに親、兄弟、家族、家柄、家系すべて真っ黒
↓ ↓ ↓
これが虚偽なら良いのだが…妃の裏側【闇の現代日本史】

http://ilovetoritani.seesaa.net/article/173981315.html

b6b37a83d922ff08df078acf40643cb3.jpg

皇室にはいったのは
グルメ三昧〜海外行き放題〜
まるで
ザイニチ朝鮮人のように
日本に寄生して
遊び暮らすため〜〜〜♪♪♪

b6b37a83d922ff08df078acf40643cb3.jpg

廃太子廃妃してください!!!

55fdc24043648e68cd89e6d085c0a77f.jpg55fdc24043648e68cd89e6d085c0a77f.jpg55fdc24043648e68cd89e6d085c0a77f.jpg
posted by nanaco at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の伝統美 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック