2017年04月10日

生コン・北チョンのバイブ女・辻元清美―ナルちゃん・ミテコの托卵徳仁ゲート事件F(1)托卵ナルちゃん辻元に女性宮家工作を依頼

「海」
日本海を
チョン半島から
「渡」ってきたニダ!

だ・か・ら、「海渡」www

めっちゃわかりやすい通名www

顔も下膨れは
エラ隠すためにヒアルロン酸注入したのかしら???

無駄な抵抗。
お金の無駄遣い。
半島に帰って

以下転載
【辻元―ナル・ゲート事件F】(1)佐伯徳仁氏・辻元に女性宮家工作を依頼
http://fushimi.hatenablog.com/entry/2017/04/10/000000

【辻元―ナル・ゲート事件F】
佐伯徳仁氏が辻元に女性宮家工作を依頼した、
堤美智子が辻元に「安倍内閣倒閣」を懇願した。無限拡散


前回、指摘しましたが、辻元清美は「学習しない女」です。
更にいうと「自分で墓穴を掘る発言をする女」です。
雑誌WiLLにも載っていましたが、問題の発言、
辻元「私、皇太子さんと頻繁に会っているんだ〜」

★本人は何を言いたかったのでしょうか?
ミーハー初老オンナならぬ、
「有名人に会ったのよ!」的自慢話でしょうか?
私は違うと思う。「頻繁に」も気になります。

≪皇族から「政局」を依頼され、自分も喜んで利用されていた辻元清美≫
が現実でしょう。
そして辻元を唆していたのが、間違いなく堤美智子でしょう。
堤美智子にも、佐伯徳仁にも「内乱罪」若しくは
「内乱教唆罪」が適用されるのは間違いなく、
「内調」や「捜査機関」が
真面目に動いてくれたら「逃げ道」は無いでしょう。

佐伯徳仁と、辻元の会話を再現すると
徳仁「あ、あ、愛子を天皇にしてほしいんです。」
辻元「うち、お気持ちはわかるんですけど、
いい知恵が湧かないので、親友の福島瑞穂さんや、
ご主人の海渡雄一さんに相談してみますわ。
あ!そや、海渡さんは韓国の挺対協と組んで
「慰安婦問題」を「国連」にねじ込んで、
「性奴隷」にした凄腕弁護士やったやんや。
任せてくださいいい手ありますよ(笑)」
美智子「辻元さん、陛下は「生前退位」が決まったし、
「次の次」はナルちゃんの血を引く人に即位してもらいたいの。
あなたの力をお借りしたいの〜」
辻元「も、も、もったいない必ず結果を出させていただきます。はい。」

★時系列的、事実検証
「頻繁会見」発言後
★「国連」は「特別声明」を発し
「「男系男子相続」を規定する日本の
「皇室典範」は「男女差別」だ」として
安倍政権にプレッシャーをかけた。
政府は、辣腕の菅官房長官が
「国連声明」を即座に拒否して、見事に火消しをした。

≪「国連」に「皇室典範否定発言」を出させたのは
間違いなく「反日弁護士」の巨頭、海渡雄一である≫
20170409071947.jpg

≪福島瑞穂の「内縁の夫」海渡雄一とはいかなる人物か?≫
20170409072011.jpg

★女房を見れば、先ずどんな思想の弁護士かは丸わかりですが(笑)
「反日弁護士」の巨頭と言う形容は、
尊敬する国際政治学者の藤井厳喜氏の動画で聞きました。
その動画は、2,3年前、
「慰安婦問題」が日韓で沸騰していたころの藤井氏の発言で、
海渡をボスとして、後2,3人の弁護士の名前が出ました。
藤井氏が言うには
「海渡氏は、「日弁連事務局長」も務めた大物ですよ。」とのことでした。
その他大勢は、戸塚悦郎と言う三流弁護士らもいましたが、
慰安婦に関する「日韓合意」ができている現在、「失業中」でしょう。
海渡は、所属はかの有名な「東京第二弁護士会」、
これも藤井先生に教わりましたが、日本最凶の「極左弁護士事務所」です。

★もっとも許せないのは、
アメリカ西海岸グレンデール市の「慰安婦像」に対して
撤去を求める「なでしこアクション」の山本優美子氏らが、
日本側の抗議を述べるために、国連のジュネーブに行って討論したら、
韓国の慰安婦問題を過激化させる
挺対協(ていたいきょう、日韓離間を測る事実上の北朝鮮の工作員集団)
の連中の側に、海渡雄一がいたそうです。

★「反日」と言うソフトな表現ではなく、
「日本を国ごと毀損する反日分子」ですね。
戦前の「国賊」「抗日ゲリラ」と一緒です。
本当に日本人なんですかね?
事実婚の福島瑞穂は、
「趙春花」なる帰化朝鮮人であることは確定していますけど。

★いずれにせよ、知的障碍者の徳仁と、
工作員の美智子の「自分たちのレベルの低い我儘」を
「国連」まで通せるのは、海渡雄一しかいません。

★「美智子つかみ取りの3億2千4百万の内廷費」から、
相当な成功報酬を
海渡も辻元ももらっていることは間違いありません。
なんせ美智子達が自由にできる「内廷費」は
「領収書」が一切いらない、
先進国でも珍しい「巨大な使途不明金」ですから。

★「国税庁査察部」の皆さん、摘発したら、
人事考課うなぎ上り、出世間違いなしです。頑張ってください。
ちなみに内妻の福島瑞穂は、
弁護士時代から「冤罪」の弁護は絶対引き受けないことで有名でした。
何故なら、「冤罪の弁護」では被告が貧乏なケースが多いからですよ。

≪海渡雄一は「部落解放同盟」の顧問弁護士である≫

wiki
海渡 雄一(かいど ゆういち、男性、1955年(昭和30年)7月21日- )は、
日本の弁護士。第二東京弁護士会所属。東京共同法律事務所所属。
日本弁護士連合会秘密保全法制対策本部副本部長、
監獄人権センター事務局長、公害対策環境保全委員会委員。
脱原発弁護団全国連絡会共同代表、
脱原発法制定全国ネットワーク事務局長。
『グリーンピース・ジャパン』元理事長。
弁護士で参議院議員の福島瑞穂(元社会民主党党首)とは、
夫婦別姓を実行するため婚姻届を提出しない事実婚関係にある。
人物
兵庫県伊丹市生まれ。
灘中学校・高等学校では地学部天文班に所属し、
科学者を志望していたが、高校2年の時、
灘OBの東大理学部生と話すうちに
「これはかなわない」と思い、文系に転向。
弁護士としては、早くから通信傍受法を問題視し、
最近では共謀罪を批判している。また、
監獄内の人権に関する活動をライフワークとしている。
事務所は、東京共同法律事務所(東京都新宿区新宿1丁目)。
2011年(平成23年)8月20日のニューヨーク・タイムズに
「日本で最も有名な反原発カップル」と評された。
(以上)

★都合の悪いことはWikiに書かないんですよね(笑)
以前に「解放同盟」のHPを見たら、トップページにどかどかと、
「治安維持法を超える悪法「共謀罪」絶対反対」と
でかでかと出ていて、「共謀罪」について、
簡単に説明した後、最後に、「顧問弁護士 海渡雄一」とありました。

★亭主も、「資金力のある団体」しか、顧問弁護士を引き受けないんですね。
女房、福島瑞穂の収入源は「韓国挺対協」から(笑)

★この「事実婚カップル」は「弁護士」と言うよりは
「日本滅亡」を望む「司法マフィア」ですよ。(笑)

★ちなみに、何故事実婚か。
福島は「夫婦選択制別姓」と言う、
「朝鮮人の婚姻制度」に「日本の婚姻制度」を変える
コテコテの持論だからです。
それが、当然ですが、認められないので、
「事実婚」としてあてつけがましく実行しているだけです。

★海渡は通名で朝鮮人かもしれません。
何故なら司法試験に「国籍条項」は有りませんから。
まあ、朝鮮人夫婦ですから、
半島に帰国してからやってもらいたいものです(笑)

 (2)へ続きます。

posted by nanaco at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の伝統美 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449119507
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック