2017年04月19日

生コン・辻元清美―ナルちゃん・ミテコの托卵徳仁ゲート事件N最終章(5)東北大震災の義捐金をどこに流したのか?

以下転載
【辻元―ナルゲート事件N】最終章(5)東北大震災の義捐金をどこに流したのか?
http://fushimi.hatenablog.com/entry/2017/04/19/000000

M空に続きです。

≪辻元は掠め取った東北大震災の義捐金を
どこに流したのか?・・・「北朝鮮説」が有力≫


★日本赤軍は2001年に解散宣言しましたが、
未だに7名が「国際指名手配中」です。

逃亡中の連中がどこに散らばっているのかわかりませんが、
集合することが有るとしたら「北朝鮮」しかないと思います。

≪北朝鮮から砂利を密輸した実績が
「裏金王」水谷建設会長・水谷功にはある≫

三重県桑名市の中堅ゼネコンですが「水谷建設」の会長の水谷功は、
北朝鮮産の砂利を一時期日本に密輸していた実績が有ります。
北朝鮮の海州(ヘジュ)・・・西海岸で南北国境付近、で
取れた良質な砂利1立方メートル当たり、
1ドルで購入し北朝鮮海軍に運ばせて、
韓国のゼネコンに売ったら、13ドルで売れたそうです。
そして、日本でゼネコンに売ると40ドルで売れたそうです。
40倍に化けたそうです。
・・・たかが「砂利」ですが「砂の錬金術」です。

水谷は、金大中〜盧武鉉の「左派親北政権」の時は
その手が使えましたが保守の李明博になったら
チェックが厳しくなってできなくなったそうです。
しかし「北朝鮮産砂利の錬金術」で儲けた金を、
関空と中部国際空港の受注に食い込むために、
政治家を含め多くの関係者に「裏金」をばらまいたために
地検に逮捕され、監獄にぶち込まれ、会社は倒産しました。

≪3600億円の現ナマの輸送はその逆をやればよい≫
日本から韓国戦で韓国に運び、
韓国海軍が、北朝鮮に渡せばよいのです。
その代り幾らかは上前をはねられますが。
銀行振り込みは「足がつく」ので使えません。
「ブツ」として運搬するしかないでしょう。

≪「辻元関係」の報道自粛圧力のバックにいるのは誰だ?≫

私は辻元が部落民だから単純に
「部落解放同盟」だと思ったのですが?違うようです。
「解放同盟」と聞いてすぐ頭に浮かんだのは、
例の2011年の東北大震災の時に、
東北の方々を「何だこの人は(怒)」と呆れさせた
解放同盟出身の松本龍元復興相ですが、
確認したところ、既に政界を引退しています。

20170413225552.jpg

安倍総理が復権した2012年の衆院選で大敗し、
比例復活もなりませんでした。
福岡の「部落票」も集まらなかったのでしょうか?
ただ、この選挙には、
「危機感」を感じて俳優の菅原文太が応援に来ています。
しかし、現在も「部落解放同盟副委員長」の肩書です。

≪「解放同盟」の超サラブレッドで、
福岡では知らぬもの無き「超大富豪」の松本龍氏≫

養祖父の松本治一郎が、「部落解放の父」と呼ばれ、
戦前は「水平社」、
戦後は「部落解放同盟」に改組して
初代委員長に就任し死ぬまで委員長職にとどまりました。

≪暴力と土建業と土地のインサイダー取引で巨万の富を残す≫
1911年、土建業松本組を設立。
社員は皆「部落ヤクザ」でした。
対立する土建業松尾組の社長を「話し合い」と称して
料亭に呼び出し社員大勢に殺害させました。
その上、通夜を襲撃し、相手の家を解体してしまいました。
戦前地元では有名な事件でした。

★慶應出の財界人で「電力の鬼」と呼ばれた松永安左エ門と提携して、事業拡張。


当時、福博電気軌道(ふくはくでんききどう;
後の西鉄の前身で路面電車)が
路線を延伸しようとしていた先に
部落関係者の土地が有りました。
「部落地主」達は買収に同意していたのに、
松本治一郎が猛反対、工事はストップしてしまいました。
そこに「電力王」と呼ばれ、
福博電気軌道の役員だった松永翁が現れ、治一郎と会談。
松本は反対運動を辞めた。
松永翁を引っ張り出すための
パフォーマンスだったのかもしれません。
その後、松永翁の知己を得て、
火力発電所の建設に、県下の部落民の労働者を募集。
要は「口入屋」になったのです。
「人権活動」より商売の方に熱心だったようですね。

★先の戦争にも積極的に協力、軍に食い込み、
板付飛行場(今の福岡空港)の拡張を予想して周辺の土地を買占め、
それを空港用地として国に貸し付けました。
地権者の筆頭である松本一族らへの地代総額は
年間80億円にも達するといいます。

福岡空港の土地建物借料は
日本全国の空港の中でも突出して高額であり、
この結果、福岡空港は毎年67億円の赤字を出しています。
松本が空港建設に先立って周辺用地を買い占めたのは、
彼が衆議院議員としての立場を利用し、
空港建設計画に関する情報を
事前に入手していたためとも指摘されています。

★やっていることは半島系部落民だった堤康次郎に似ていますね。
松本龍が、環境相になった2010年、
閣僚の資産公開で7億6074万円とずば抜けていました。
祖父から受け継いだものが多いですが、
福岡市内に87件もの土地と建物を所有し
優良株も多数所有。東京・六本木にも土地を持っていました。

★どこが「貧困と差別に泣く部落民」でしょうか?松本龍氏は「同和貴族」です。

★戦後も松本組の法被を着た社員たちが酒飲んで、
酔っ払って西鉄電車に乗っては市民を脅す。
これじゃあ、一般市民から怖がられ、嫌われますわな〜

★単純に考えると、福岡空港の高い地代を取って、
県の財政を食い荒らしていることになりますね。

「大富豪」の松本氏を見ていると
「部落解放同盟」って何から「解放されたい」のでしょうか?
今の皇室の危機を見ると我々日本人の方が
よっぽど「部落民」から解放されたいぐらいです。

★現在の解放同盟の委員長は組坂繁之氏、
例の「麻生太郎氏の野中広務氏差別発言事件」
では勝手に手打ちしちゃいました。

要は「解放同盟」としては、
組織として麻生氏を糾弾しないという事ですね。
野中広務氏、気の毒ですね。まあ、
野中さんは京都の人だし、
現役時代「解放同盟」に批判的な人でしたから、
意趣返しかもしれません。

★歴代の解放同盟の委員長は、全員福岡県人、何故かわかりません。

≪「辻元問題」に関して、
「報道自粛」を正式に要請したのは、民進党、柿沢未途議員≫


20170413225937.jpg
民進党には珍しい「世襲議員」です。
東大出元NHK職員、女房は都議会議員で夫婦共稼ぎです。
生活が苦しいのでしょうか?
亡父の柿澤浩治は、元自民党議員。
東大出の大蔵官僚でしたが、東大は東大出も経済学部。
出世の目が無いので、早々と政治家になりましたが、
新自由クラブ→自民党→自由党→自民党と渡り歩き、
鳴かず飛ばず引退した「小者政治家」でした。

★いったい誰に、何の組織に
マスゴミは怯えているのでしょうか?
結局わかりませんでした。


Oへ続きます。

posted by nanaco at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の伝統美 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449149926
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック